blue blue blue blue...

蒼いまんまが、いい。

October 2013

迫りくる

書かなきゃ。

そんな期限がたくさんやってきている。

この日にはこれを、あの日にはあれを、

人に見せて、読ませて、渡して。


プロになるなら通らねばならぬ、というか、

それがあるからこそプロとして求められている、

というところもあるものが、締切。

いついつまでに書いて。読ませて。

そんな声が聞こえてるうちは幸せなのだ、と。


それにしても、自分のペースじゃない、

誰かのペースで書く、ってことが本当に難しい。

あの勢いはまだ出てないのに、なんて時も、

とにかく間に合わせるために書き進めないといけない。

それはとにかく幸せなことで、とにかく苦しいこと、

そんなことはわかりきってるけど。

モノカキになると、締切と視力低下と篭り癖は避けられないのか。


もどかしくても、寝たくても、書けなくても、

とにかく書かなきゃ。


苦しい。辛い。しんどい。

でも、それ以上。

嬉しい。楽しい。成し遂げたい。

それこそがモノカキのどうしようもない性分。


ああ。

やらねば。

やるのだ。


よし。

帰るべき場所

神戸に弾丸で帰りました。

ライブを観に大阪まで行って、そのまま実家に1泊、

翌日の最終新幹線に乗りこみ、もう東京。

便利な世の中になったもんです。早。



神戸に帰る、東京に帰る、

果たしてどちらが私には正しいのか。

感覚としてはどちらも正しくて戸惑う。

どっちにも帰れる場所がある。

ありがたいこと。


神戸に帰るのは今年2回目。

たぶん生きて来て一番、神戸いない年になってる。

それなのに帰れば、つい昨日もそこにいたように、

つい昨日までもそこで暮らしてた感覚になる。

22年間生きた街。それがその証拠かのように。


東京には、今の私がいる。これからの私も。

これからもこの街で生きていく、おそらく。

この街で夢を追い、この先の人生を紡ぐ。


そうしたら今後、私の街は、どちらになるのか。


どちらでも良いし、どちらもありなんだとすれば。

私はオクニを2つ持ったと考えて良いのでしょうか。

どっちも自分には欠くことのできない場所。


それでも、もう少し故郷に帰りたい。

ルーツに帰りたい。

そうなるのは、この大都会に疲れてるからかしら。



もう少しゆっくりと生きてみようか。

きっと止まれはしないけど。


がたがた

もうね、がったがた。

悪寒。だるさ。頭痛。

完全に体調崩してる。


仕事中に悪寒がきて、帰宅すると38.9℃。

そりゃ乗り換え待てずにタクシー乗るよ。

あんなに寒気が来たのは久々。

それから3日、37℃前半をうろうろ。

なかなか下がらぬ。


観劇も最小に留め(チケット取ってしまったやつは行くという。、)、

寝ても寝てもしんどい。だるい。ぼーっとする。

ここ数ヶ月、仕事に芝居に劇作に、のめり込みすぎたか。

2時過ぎて寝るのがクセみたいになってたのもあるし。

それでも無理して走ったり踊ったり。

やはり身体は休みたかったんでしょうね。

ごめん、自分。苦笑


最近風邪引くと、とにかく身体が痛くなる。

関節と、腰、そして何より肩凝りすごい。

もう歳かなー、と思わざるを得ない。

悲しい。すこぶる悲しい。笑



しかもばっさり髪切ったから、首筋寒いのなんのって!

image

5年ぶり。

しかもボブにしたから、ブローとカール必須。

めんどくさいことこの上ない。笑

ただ周囲からは、


この方が女度上がってるように見える (by 女上司)

多少華奢に見える (by 同期)

うけるw (by 妹)


と反響もありまして。

見かけだけでもプラスになってるように「見える」ならヨシとします。

髪型変えると気分も変わるってもんで。

しばらくは若返ったつもりでおりますかね。


演劇の方は、インプットとアウトプットを繰り返し。

関連書籍を読み漁り、映画や映像作品も観たり、リサーチ期間。

人に料理してもらうためには、恥ずかしくないものを用意せねば。

その気持ちがいつも自分のために書いてた時と、取り組み方を変えさせる。

余計な思考も入るけど、それと戦うのも仕事。

やれるだけのことはやる。

じゃないと自分に対しても恥ずかしくて。


てな感じで、容れ物はがたがたですが、

中身はそれなりに頑張ってやらせていただいております。


さて、悪寒と戦いながら、早く寝るとしますか。

お休みなさい。

プロフィール

ao_blueblueblueblu...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ